振り出しに戻る。

四年ほどアイドルにはまって漫画とか二次創作とかから離れました。最近また漫画がマイブームなので萌えを吐き出す為に作りました。腐女子です。好きな漫画のことばかり。

カルテットが終わってしまった。

家族が見ているのを横目で見始めてから、はまってしまいました。

わたしは、満島ひかりさんのファンです。

満島ひかりさんは、すごい。

すずめちゃんが健気でミステリアスで儚げでそれでいて芯がある強い女の子なのは、満島ひかりさんだからなんだと思います。すずめちゃんて健気ですよね。

 

最終話のまきさんは、グレーで、本当に義理の父親をあやめたのかもしれないし、そうじゃないかもしれない。そこを描かないのがカルテットのよいところなのかもしれません。ちょっと怒ったような顔をした時のまきさんを見るとドキッとしてしまいます。

 

カルテットのダークホース(?)、家森さん。高橋一生さんが耳すま天沢聖司くんの声の人だったとは…!腕まくりと首元ガッと開くところがかっこいい。家森さんのファッションセンス(パンツ以外)、めちゃめちゃかっこいい…。似合います。

声も素敵です。胡散臭げな雰囲気もいい。こういう美容師いそう…という既視感。

最終話の板前の修業のくだり大笑いしました。

別府さんは四人の中では一番思いつめやすい人間だと思います。このひとが一番、世間一般のしがらみがある。常識的な人間です。真面目に優等生をやってきた自分を変えたいという気持ちがわかります。他の三人とは毛色が特に違うけど、別府さんもふくめだれか一人欠けるとうまく機能しないカルテットたちです。

 

吉岡里穂さんのありすちゃんは強烈でした。辛酸をなめて生きてく人もいれば、人生、チョロかった~!と笑う人間も世の中にはいるでしょう。ありすちゃんが玉の輿にのったあとどうなったのでしょうか。

 

みんな何かしら過去に色々あって、まきさんは義理の父親に暴力をふるわれていたらしい。すずめちゃんは実の父親に超能力詐欺をやらされていた。家森さんはこどもと妻ができた後に、「(過去の独身の時の)宝くじを引き換えていたら(こんなはずではなかったのに)」といってしまい、妻から離婚される。父親を原因とする家庭崩壊という共通点がありますね。

 

ごめんね青春、ゆとりですがなにか、と同じくらい好きなドラマです。

兄妹に弱い

なんでか全くわからないのですが、仲良し兄妹に弱い私です。なぜなのかさっぱりわからない。

兄妹に弱いと気づいたきっかけは古事記でした。
大日下王と若日下王の物語や、女鳥王の物語を読んでいくうちに、お互いのことを案ずる兄妹という関係性が好きだと気づきました。
漫画で好きな兄妹は、うた恋い。の小野篁と比右子、乱と灰色の世界の陣乱、とりかえばやの沙羅と睡蓮、シャルトルシリーズのアンリとアテネー、など。

私が好きな兄妹というのは多分、あにがある意味、面倒見役兼親であり、妹は娘役なのだと思います。

広告を非表示にする

シャルトルシリーズの愉しみ

好きな漫画の1つ、名香智子先生のシャルトル公爵シリーズ。

公爵ラウール・ド・シャルトルとその想い人ヴィスタリアの恋物語です。というと聞こえがいいんですが、ラウールは女嫌いでヴィスタリアは男嫌いの女好きというアブノーマルな二人。

生真面目なラウールはいつもヴィスタリアに振り回されているのに、何だかんだでヴィスタリアに恋してるし、焼きもち焼きです。
ヴィスタリアは美しい女が好きでラウールそっちのけで美女と知り合いになろうとしますが、ラウールのことが好きなのも事実。ラウールと美女とはジャンルが違うのだろうなという感じ。

息子のアンリは天才で早熟で生意気な子ども時代を過ごしました。大人になってからは、恋人は語学の先生だといいいろんな女の子と付き合ったりしてますが、レオポルディーネに出会い彼女に執心
します。無敵なアンリが降伏してしまうところがすきがあってかわいいです。
レオポルディーネはアンリの父、ラウールのことが好きで好きで、アンリはそれを利用して「僕と結婚したら父の家族になれるよ」と言って、なんとかレオポルディーネと結婚します。アンリが苦労するところが面白いです。

ラウールとヴィスタリアの間には、年を取ってから出来た可愛い可愛い娘がいます。アテネー・ド・シャルトル。アテネーは生まれつき超能力があって、天真爛漫で愛らしい女の子だけどテレパシーで話したり電気を走らせたり、アンリの悩みのたねでもあります。アンリはアテネーのことをとりわけ可愛がっていて、この兄妹仲がとてもよくて可愛いのです。兄妹ものに弱い私です。

ちなみにアンリはバイで、学生時代の同級生ソンモールが大好きです。アンリは家出をしたあと、一時期日本にあるソンモールの家に身を寄せています。ソンモールは分別があって手厳しく、そこがアンリの好みなんだろうなと思います。

アテネーの家出をきっかけに美貌の少年ミカエルや黒の皇太子リオン、人形好きの美青年景峰、沢山のキャラクターが登場します。

このシリーズの魅力を支えているのは、フランスの公爵家の優雅な生活の中で育ちのよいラウール、ヴィスタリア、そしてその息子アンリが非現実的な漫画世界を生きてるところだと思います。ヴィスタリアはいつだって優雅な生活をしていて、アンリは自由気ままに生活している。(仕事はきちんとしています)
貧乏生活とは無縁の一家です。現実世界を忘れさせてくれる、漫画ならではの世界だなと思います。

ホイッスル!

中学生の頃、ホイッスル!大好きでした。原作も好きでしたが、ファンサイトや二次創作サイトもよく見てました。

ホイッスル!といえば有名なのはシゲタツと三笠でしょうか。笠井くん、あんまり出てないのに三上×笠井はすごい人気でした。三上くんはホイッスル!二次創作界で空前絶後の男でした。色男枠。
武蔵森オールキャラのサイトさん好きでした。辰巳、中西、根岸たちは二次創作において使い勝手がよく自由にキャラ設定がつけられてましたね。
武蔵森のサッカー部が寮生活してるという設定も妄想に一役買ってます。

ホイッスル!最終回では風祭が怪我を克服して帰ってきて、これから俺たちの熱い未来が始まるんだぜ!!!というところまで。

噂に聞いていた、文庫版の書き下ろし、読みました。ホイッスル!は結構、先生がノーマルカップリングのお話を描いてくれてます。水野くんに弟ができた話、イリオンが風祭を好きだという話、翼が玲に片想いしてる話、武蔵森の寮生活の話(需要有りすぎ)、この四本です。

私が一番好きなのは翼が玲に片想いしてる回です。
「待ってて、君が僕に追い付くまで。」(翼の心の中の独り言)って、最高かよ!!連載中はなんとなく、翼は玲が好きなのかなカラーと思っていました。やっぱり好きなのかよ!!頑張れ!!という気持ちになります。
玲は榊のこと好きみたいだけど。

なんといま、マンガワンで樋口先生の新作が読めます!主人公は煌牙くん。父親はサッカー選手、おじもサッカー選手!そう、彼の息子です。
煌牙くんが通っているのは武蔵森。これから懐かしのあのキャラが出てくるのでは?!とドキドキしますね。
マンガワンでは、文庫版の書き下ろしも読むことが出来ます。読むと文庫版欲しくなります。
みんな、ホイッスル!読もう!!(回し者ではありません。)

広告を非表示にする

更新しなくてもいいからサイトは消さないでほしい。

たまたま、昔好きでよく見てたサイトさんを見に行って、やっぱり好きだな~と懐かしい萌えを噛み締めているうちにまた腐女子になりました。

過去ジャンルとしてコンテンツを残してあったり、更新が2010年くらいで止まってたり、ページが見つからなかったり、リンクが切れてたり。更新が止まってても、見つかるだけでありがたいし、見始める(読み始める)とすごくあーやっぱりこの人の作品好きだ萌えるーとほっとします。

サイト名と管理人名を覚えてて、ツイッターやpixivで見つけたり。ジャンルは違えど、まだ活動されてると思うととっても嬉しいです。

説明

好きな漫画について、感想や妄想を書いていきます。
好きな漫画は、HUNTER×HUNTERアイシールド21、とりかえばや、青春鉄道、スキップビート、シャルトル公爵の愉しみ、ライアーライアー、伊藤潤二先生作品、封神演義遊戯王多重人格探偵サイコ、その他。

広告を非表示にする